口下手でもできる 初回デートでホテルに誘うための具体的な会話例

ホテル街 出会い系初心者講座

初回デートでホテルに誘う具体的な会話例を紹介します。

初回のデートでホテルに誘うのって慣れていないとすごく難しいですよね。

お酒を飲んでて頭が働かなくなることも考えて、「簡単な方法をテンプレート化して」覚えておくことを提案します。

「初回デートまでにできること」「初回デートの飲み後の会話」だけにしぼっているので、飲みでの会話でのテクニックはいらないやり方です。

口下手でホテルに誘った経験が少ない方でもやりやすい方法を教えます。

初回のデートでのホテルへの誘い方

基本的な考え方

初回デートでホテルに行ける出会い方

女性に「ホテルもあるかも」と暗示させる出会い方の方が確率があがります。

婚活パーティーのような堅い真面目な出会いの場で初回ホテルは難しいし、やらない方がいいです。

出会い系やクラブナンパなどはほぼ問題ありません。逆に繋がりが薄い分、彼女や長期的なセフレ希望であっても早めにホテルにいっておいた方が関係を維持しやすくなります。

出会い系の場合は「ピュア掲示板」からの募集でも初回ホテルに誘って問題ありません。

出会い系の場合にさらに確率をあげる方法は後述します。

→おすすめサイト
出会い系でセフレを作りたいならハッピーメール(18禁)に登録してみましょう。

初回デートでホテルに行けるデートの流れ

基本的な初回デートの流れは「飲み」→「ホテル」です。
昼なら「ランチ」→「ホテル」です。
間に「カラオケ」「ダーツ」などのクッションを挟む必要はありません。

なので、「カラオケ」「ダーツ」などの約束は避けて、飲みに行く約束をしておきましょう。

また、ホテルがある繁華街を選びましょう。

無理して下ネタを話さなくてもOK

あなたがもし女性と普段から下ネタを話すようなタイプでないのなら、無理して下ネタを話さなくてもOKです。

下手に下心を出すよりも紳士的な真面目路線で行った方が心象はよくなります。

建前では「えーそんなタイプに見えないのに!」とか言いながら嬉しそうに来てくれるので安心してください。

誘う前に手をつないだり、キスをしたりする必要もありません。

もちろん、得意なら下ネタや手を繋いだりしても大丈夫ですよ。

ダメなら2回目につなげる

うまく誘うタイミングを逃してしまっても、2回目につなげましょう。

「思ったよりも飲みで盛り上がって時間が押してしまった」などのハプニングが起きてしまっても、行かない前提で打診してしまいましょう。

「今日は時間がないけど、よかったらxxx。でも時間ないよね。」のように切り出しましょう。

次回ホテルに行ける可能性がグッとあがります。

具体的な会話例

それでは具体的な会話例を教えます。

流れは「ファッションを褒める」→「休憩に誘う」→「誘った理由をフォローする」です。

「ファッションを褒める」は飲みでできていればいりませんが、まだ褒めていなければ一回褒めておきましょう。

当たればラッキーで手当たり次第褒めると良いですが、よくわからなければ「その服、秋(その日の季節)っぽくてかわいいね」でいいです。

女性として見ている感を出すことが目的です。

次は「休憩に誘う」です。「ホテルいこう」か「休憩しない?」で、好みがあるのでどちらでも言いやすい方でいいです。

女性は直接的な表現よりも間接的な表現を好みますので、勇気がない人におすすめなのは「休憩しない?」です。

「休憩しない?」だけでもいいですが、ダミーの選択肢を入れて「もう一軒行く?それか、ちょっと休憩しない?」ぐらいな感じでもいいです。

女性は決断しないので、「おれは休憩がいいな」と言えば「もう一軒行く」ことにはなりません。

また、「誘った理由をフォロー」と伝えておくと、ほんとはそんなキャラじゃないけど、、感が出て女性の建前を満たせるのでこれも伝えておきましょう。

「xxちゃんがかわいかったから」とか言っておきましょう。言えなければ「ごめんね、そんなつもりじゃなかったんだけど」とかでもいいです。

初回デートでホテルに誘うための事前準備

出会い系でホテルに誘う

出会い系で出会う場合、少しの工夫でホテルに行ける可能性があがりますので補足しておきます。

記事の前半で伝えましたが、「ピュア掲示板」での出会いであっても初回ホテルは達成できます。

また、30代〜40代や既婚者、バツイチあたりの層を選ぶとホテルに行きやすくなります。

出会える出会い系はハッピーメール(18禁)がオススメです。

まとめ

口下手な方でも初回デートでホテルに誘えるように具体的な会話例を紹介しました。

初回デートに誘えない、と迷っている人はぜひ試してみてくださいね。

ハッピーメールバナー

コメント