出会い系での返信メールが短いけど続けた方がいいの?(業者、キャッシュバッカーだから即切りしよう)

FAQ〜出会い系サイトの悩み

この記事では出会い系での返信メールが短いけど続けた方がいいの?という問いを考えてみます。

出会い系をやっているとこちらが長めのメールを送っても、一文しかない「短文メール」が返ってくる場合があります。

出会い系サイトでは、なかなかメールが返ってこないので、「短文メール」でも続けた方がいいのかなと迷ってしまうことがあります。

でも「短文メール」が出会いにつながることはないので即切りしましょう。

理由を解説します。

出会い系で一文メールが返ってきたら即切りしよう

短文メールの特徴

短文メールの特徴ですが、一文しか返ってこないメールです。

話の流れを無視して質問文にだけ反応されます。

話が膨らまないので、やり取りを続けるのが精神的に疲れます。

短文メールには即切り(メールを返信せずにやりとりを終わらせる)で対応しましょう。

短文メールが返ってくる相手のパターン

出会い系だと短文メールが返ってくる相手は以下が考えられます。

  • 割り切り業者
  • キャッシュバッカー
  • 脈なしの一般女性

それぞれの特徴を解説します。

割り切り業者

割り切り業者は出会い系サイトを使った風俗業者です。

ハッピーメールなどの出会えるサイトにも少なからず存在します。

アカウントが使い捨てで、数打って男性を狙ってくるので、プロフィールやメール内容が手抜きなのが特徴です。

実際に会って金をもらうことが目的なので、LINE交換はできます。

キャッシュバッカー

出会い系サイトは女性会員を増やすため、メール一通につき、数円の現金化可能なポイントバックがある場合があります。

男性側からは公式サイトから正確な情報を得ることはできませんが、「出会い系 お小遣い稼ぎ」等で検索するとキャッシュバック率を確認できます。

ハッピーメールなどの出会えるサイトにも存在します。

キャッシュバック率は非常に悪いため、キャッシュバッカーは数を稼ぐため短文メールを送ってきます。

脈なしの一般女性

脈なしの一般女性も短文メールを送ってくる人がいます。

こちらからメールを送った場合、興味がなくても律儀に返信してくれる女性がいます。

そういう女性の場合も話が膨らまず短文メールになります。

メールして会えるのを待つよりも、他に会える女性を探した方が早いので即切りしましょう。

まとめ

出会い系はメールするまでが大変なので、短文メールでも続けたくなります。

ただ、短文メールは業者やキャッシュバッカーの可能性が高く、続けても会えないので、諦めて別の女性を探しましょう。

コメント